ラグビー

KOBELCO杯 男子U18 東海が初優勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ラグビーのKOBELCOカップ第14回全国高校合同チーム大会、第8回全国高校女子合同チーム大会(日本ラグビー協会主催、毎日新聞社など後援、神戸製鋼グループ特別協賛)は最終日の2日、長野県上田市の菅平高原・サニアパークで男女の決勝リーグなどがあった。

 全国9地区から部員不足の学校を対象に選ばれた男子18歳以下(U18)はカップ戦(予選リーグ各グループ1位の3チームによるリーグ戦)で全チームが1勝1敗で並び、得失点差で東海が初優勝。有望選手で編成された男子17歳以下(U17)は近畿が2年連続5回目の優勝を果たした。女子は5チームで争われた決勝リーグで九州が3年ぶりに優勝。4チームによる育成リーグは四国が制した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文817文字)

あわせて読みたい

注目の特集