メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

女子100メートル障害 小林が高校新

 全国高校総体(インターハイ)第2日は2日、三重県伊勢市の三重交通Gスポーツの杜伊勢などで行われ、陸上で女子100メートル障害は小林歩未(千葉・市船橋)が向かい風0・3メートルの条件下、13秒34の高校新記録で優勝を飾った。2007年にマークされた従来の記録を0秒05更新した。

 400メートルの男子は森周志(北海道栄)が47秒14で2連覇し、女子は2年の高島咲季(神奈川・相洋)が53秒78で優勝。女子砲丸投げは大野史佳(埼玉・西武台)が14メートル55で昨年に続いて制した。男子ハンマー投げは種市裕紀(青森・弘前実)が65メートル98の大会新で優勝した。

 フェンシングはフルーレ個人の男女が始まり、ボクシングも競技を開始。バレーボール女子は昨年優勝の東九…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文849文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです