メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん教育

専門医師招きモデル授業 大分の中学

市立王子中学校で行われたモデル授業=大分市南春日町の市立王子中で、尾形有菜撮影

 がんについて理解を深めたり、がん患者との共生について学んだりする「がん教育」が、新学習指導要領(小学校は2020年度、中学校は21年度から)に盛り込まれることに向け、大分市教育委員会は、専門医師を招いたモデル授業を実施するなど取り組みを進めている。【尾形有菜】

 学校現場では、がんについて生活習慣病などを学ぶ過程で教える程度だった。このため、市教委は管理職や担当教諭を対象にした研修会を実施するほか、モデル授業を公開。市内の教…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです