メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん教育

専門医師招きモデル授業 大分の中学

市立王子中学校で行われたモデル授業=大分市南春日町の市立王子中で、尾形有菜撮影

 がんについて理解を深めたり、がん患者との共生について学んだりする「がん教育」が、新学習指導要領(小学校は2020年度、中学校は21年度から)に盛り込まれることに向け、大分市教育委員会は、専門医師を招いたモデル授業を実施するなど取り組みを進めている。【尾形有菜】

 学校現場では、がんについて生活習慣病などを学ぶ過程で教える程度だった。このため、市教委は管理職や担当教諭を対象にした研修会を実施するほか、モデル授業を公開。市内の教…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです