メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

谷川とむ氏発言

「LGBT差別するつもりはない」と釈明

自民党の谷川とむ衆院議員

同性愛念頭の「趣味みたいなもの」発言巡り、談話を発表

 自民党の谷川とむ衆院議員(比例代表近畿ブロック)は2日、インターネット番組で同性愛を念頭に「趣味みたいなもの」と発言したことに関する談話を発表し、「LGBT(性的少数者)の方々を差別するつもりはなく、多様性を認めていないわけでもない」と釈明した。自民党ではLGBTなど性的少数者を巡る杉田水脈衆院議員(同中国ブロック)の月刊誌への寄稿も批判を浴びており、党は火消しに追われている。

 谷川氏は7月29日放送の「Abema TV」の番組で、同性婚のための法整備は不要との見解を示した。2日の談話では、婚姻は両性の合意のみに基づいて成立すると定めた憲法24条を根拠に「現状では同性婚の容認は困難だ」と主張した。

 問題発言が続く中、自民党は杉田氏を「今後、十分に注意するよう指導した」ことをホームページ(HP)で公表した。同氏の寄稿に対しては「個人的な意見とはいえ、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」と不適切だったことを認めた。

 安倍晋三首相は2日、訪問先の宮城県東松島市で「人権、多様性が尊重される社会を目指すことは当然だろう。これは政府・与党の方針でもある」と記者団に語った。一方、自民党の二階俊博幹事長はソウルで、谷川、杉田両氏の発言への対応を記者団から問われ、「大げさに騒がない方がいい。発言者が影響力を持った人かどうか、もっと静かに考える必要がある」と述べた。

 立憲民主党の枝野幸男代表は2日、「自民党が少数者の人権をないがしろにする体質なのではないか」と批判した。【村尾哲】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
  3. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  4. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです