自民

石破氏、立候補表明へ 準備「95%できている」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎日新聞のインタビューに答える自民党の石破茂元幹事長=衆院第2議員会館で2018年8月2日、川田雅浩撮影
毎日新聞のインタビューに答える自民党の石破茂元幹事長=衆院第2議員会館で2018年8月2日、川田雅浩撮影

毎日新聞のインタビュー 党総裁選「無投票はあり得ない」

 自民党の石破茂元幹事長は2日、毎日新聞のインタビューに応じ、「自民党はものを言わなくなったと言われる。国民の10人のうち9人はそう思っている」と述べ、安倍晋三首相の政権運営を批判した。9月の党総裁選に関しては「無投票はあり得ない」と強調。総裁選で掲げる政策の準備は「95%できている」と述べ、近く立候補を表明する意向を示した。

 石破氏は、自民党の野党時代に自身も関わって作った現在の党綱領を挙げ、「本当に勇気を持って自由闊達(かったつ)に真実を語り、協議し、決断しているか」と現執行部の党運営に疑問を呈した。また、学校法人「森友学園」への国有地売却や「加計学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設を念頭に「特定の人に有利な政策や有利な条件を作ってはいけない。犯罪でなければいいということではない」と述べ、首相の政治責任を…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文819文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集