メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英中銀

0.75%に利上げ 9カ月ぶり、インフレ抑制で

 【ロンドン三沢耕平】英国の中央銀行、イングランド銀行(BOE)は2日、政策金利を現在の年0.50%から年0.75%に引き上げることを決めた。来年3月の欧州連合(EU)離脱を控えて先行きの不透明感が残るものの、物価上昇率が目標の2%を上回る水準で推移していることを踏まえ、利上げによるインフレ抑制が必要だと判断した。

 利上げは昨年11月以来、9カ月ぶり。9人の政策決定委員全員が賛成した。国債を買い取ってお金を供給する量的緩和の枠は、現行の4350億ポンド(約65兆円)を維持した。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです