ASEAN外相会議

南シナ海規範、中国ペース 米けん制

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【シンガポール河津啓介、西脇真一】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議が2日、シンガポールで本格化した。中国の王毅外相はASEANとの外相会議に出席し、南シナ海の紛争解消に向けた「行動規範(COC)」策定作業の進展ぶりを強調した。米中の貿易戦争が深刻さを増す中、米国の南シナ海問題への介入を強くけん制した。

 2日はASEAN外相会議もあり、南シナ海問題が焦点となった。王氏はASEANとの会議後の記者会見で、長年の懸案である法的拘束力のあるCOC策定について、双方が新たに今後の協議の基礎となる「交渉草案」をとりまとめたことを明かし「重大な進展」と強調。米国を念頭に「外部の妨害を排除できさえすれば、COCの協議は前向きに加速できる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1084文字)

あわせて読みたい

注目の特集