メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋

「安保法制は違憲」ノーベル賞の益川氏ら提訴

ノーベル賞学者の益川敏英さん

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法は憲法9条違反として、東海地方などの143人が2日、国に1人当たり10万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した。原告には、名古屋市出身でノーベル物理学賞受賞者の益川敏英・京都産業大教授が加わった。

 また、2008年に名古屋高裁の裁判長として、イラクでの航空自衛隊による多国籍軍の空輸活動を違憲とする判決を出した青山邦夫弁護士が弁護団に参加した。

 訴状では、安保関連法は戦争やテロの危険をもたらすとして「平和的生存権を侵害している」と主張した。米イージス艦への給油、駆け付け警護を任務に含めた南スーダン派遣など、安保関連法を根拠とした自衛隊の活動も違憲と訴えた。弁護団は「安保法制自体が違憲というにとどまらず、制定後に何が行われたかを明らかにしたい」と説明している。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです