青森中2自殺

「主因はいじめ、継続で将来悲観」と報告書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

市教委が設置「市いじめ防止対策審議会」が答申

 青森市立中2年の葛西りまさん(当時13歳)が2016年8月にいじめ被害を訴えて自殺した問題で、市教育委員会が設置した市いじめ防止対策審議会は2日、「自殺の主要な原因はいじめ」とする報告書を市教委に答申した。この問題では、前身の審議会が昨春、りまさんが「思春期うつ」だったと報告書案に記載。根拠が示されていないとして遺族側が見直しを求め、新たな委員による審議会が調査していた。【一宮俊介、井川加菜美】

 報告書によると、りまさんへのいじめは中1の6月ごろから始まった。同級生グループから仲間外れにされたり、学校や無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「死ね」などの悪口や容姿に関する中傷、根拠のないうわさを流されたりした。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文785文字)

あわせて読みたい

ニュース特集