メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もんじゅ

監視カメラ曇る 燃料取り出し工程に遅れも

廃炉作業で核燃料取り出しなどを行う専用レーン。今回は制御棒を用いて遠隔操作の試験を行った=福井県敦賀市で、鈴木理之撮影

 日本原子力研究開発機構が廃炉手続きを進める高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)について、燃料取り出し工程を確かめる試験中に監視カメラのレンズが水蒸気で曇るトラブルが起こり、機構が対応に追われている。8月中にも本格的な廃炉作業に着手する予定だが、問題解決に時間がかかり、今後の計画に影響する可能性も出てきた。

 燃料取り出しは、人が立ち入れない区域があるため遠隔操作で実施。扱いが難しいナトリウムで満たされた原…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです