東京五輪

ボランティア休暇、経済界に協力要請

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鈴木俊一五輪担当相は2日、東京都内で経済団体幹部と会談し、9月から募集が始まる2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアに社会人が参加しやすいように、積極的な休暇取得の仕組みづくりを要望した。各団体は会員企業らへ周知する方針。

 競技運営を支える「大会ボランティア」は10日以上を基本としており…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

注目の特集