メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(104)時代を超えて愛されるデニム

男女問わず、幅広い世代に愛されているデニム=日本ファッション協会提供

 この春夏のトレンドとして「デニム」が再注目されている。今季は特にダークトーンのデニムアイテムが人気。ロングワンピースの下にジーンズを履くといった新しい着こなしも登場した。

 デニムとは、厚手のあや織りの生地のこと。その生地をインディゴに染めて織ったものをブルーデニム、それ以外の色に染めたものをカラーデニムという。こうして染められた織物でできたズボンをジーンズと呼ぶ。

 コットン織物のデニムは、18世紀にフランス南部の町ニームで誕生した。当時ニームで生産されていた生地は、仕事時に服が汚れないよう上に羽織るためのものだった。インディゴ染料で黒や濃い青に染めるのは、汚れが目立たないようにするため。後に生地の耐久性の高さが評判を呼び、海を越えてアメリカの労働者たちの間で大ヒット。そしてさまざまなメーカーがデニムの作業用ズボンの生産に乗り出した。戦後、女性たちの間でも着…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです