メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア内戦

笑顔届けるマリオネット 日本人作家、難民キャンプに寄贈

ザアタリ難民キャンプ内にある学校で日本から贈られたマリオネットを操る男性教師(左)と子どもたち=国境なき子どもたち提供

 内戦が続くシリアから逃れた人々が暮らすヨルダン北部のザアタリ難民キャンプで、日本生まれのマリオネット(操り人形)が子どもたちを楽しませている。埼玉県を拠点に活動する日本人の人形作家、オレンジパフェさんが現地で教育支援をするNPOに託した。「大変な思いをしている子どもたちが、少しでも明るい気持ちになれば」と願っている。【福島祥】

 難民キャンプ内にある学校の教室。視線がクマのマリオネット「ハビーブ」に集まる。「こんにちは」「拍手を聞かせて」。男性教諭が5本の釣り糸を巧みに操って手足を動かし、口を大きく開いて語りかけると、子どもたちは元気にあいさつを返し、笑顔で手をたたいた。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです