メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
eye

eスポーツにかける

第18回アジア大会日本代表選考会で得点を決めて喜ぶ相原選手(レバ)=東京都豊島区で2018年5月27日、宮間俊樹撮影

 2024年パリ五輪で追加種目での採用も取りざたされるコンピューターゲームの対戦競技「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」。インドネシアで今月18日開幕の第18回アジア大会では公開競技として日本から2種目3選手が出場し、次回22年大会では正式種目となるなど注目が集まる。

 自宅でPCに向かい教科書を開くのはインターネット制高校3年、18歳の相原翼選手(プレーヤーネーム=レバ)。アジア大会が今回採用した家庭用サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018(ウイイレ)」の日本代表の一人だ。父が買ってきたゲームがきっかけとなって始めた。

 「やっていくにつれて成長を実感できる」と競技に向き合う。プロチームにもスカウトされ、将来はプロとし…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文992文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです