メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

大河ドラマ「西郷どん」 「小栗龍馬」の大暴れに期待=ペリー荻野

 京の都で幕府軍と長州軍が激突した「禁門の変」を経て、いよいよ幕末クライマックスに突入した大河ドラマ「西郷どん」。ここへきて、幕末ドラマの立役者、坂本龍馬(小栗旬)が新たに登場した。

 新キャラクターのためか、バックに流れる音楽も、行進曲のような主題歌とは違って、パッパパララ~と軽やかだった龍馬の初登場シーン。師匠である勝海舟(遠藤憲一)を訪ねてきた西郷吉之助(鈴木亮平)を「(西郷の)偽物では」と警戒し、懐からピストルまで取り出すが、そこは過去にも刑事や怪盗を演じてきた小栗である。くせっ毛の長髪、よれっとした着物にピストルという和洋折衷スタイルが違和感なくはまっていた。しかも、小栗龍馬はとっても落ち着いて見えた。

 思えば、今年36歳になる小栗の時代劇歴は、1995年の大河ドラマ「八代将軍吉宗」に始まって23年。…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです