メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「介護入門」講義

現場の負担軽減へ 学生が作業支援ロボット体験 徳山大 /山口

 周南市の徳山大で、装着型の作業支援ロボット「マッスルスーツ」の活用法について学ぶ「介護入門」講義があり、福祉情報学部の1年生12人が受講した。最新の介護支援技術に触れ、学生に介護現場の負担軽減について考えてもらうのが目的だ。

 介護現場では、ベッドと車椅子の間の移動や排せつの手助け、入浴の介助などで前傾姿勢になることが多い。介護に従事する人の負担は大きく、腰を痛めることも多い。

 マッスルスーツは東京理科大によるベンチャー企業、イノフィス(東京都)が腰痛対策など介護負担軽減のた…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文614文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです