メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

県内影響、農林水産物は減益 総生産額などは増 県が試算 /徳島

 県は3日、11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)や、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効よって県内の農林水産物の生産額に生じる影響の試算を発表した。TPPでは計11億~15億8000万円減、EPAでは計5億3000万~10億7000万円減が見込まれる。

 県農林水産政策課によると、県内ではいずれも林産物や牛肉・豚肉などで影響が大きい。TPPでは、牛肉が3億9…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 富田林逃走 樋田容疑者、窃盗数十件を捜査へ 大阪府警
  3. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
  4. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)
  5. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです