メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

県内影響、農林水産物は減益 総生産額などは増 県が試算 /徳島

 県は3日、11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)や、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効よって県内の農林水産物の生産額に生じる影響の試算を発表した。TPPでは計11億~15億8000万円減、EPAでは計5億3000万~10億7000万円減が見込まれる。

 県農林水産政策課によると、県内ではいずれも林産物や牛肉・豚肉などで影響が大きい。TPPでは、牛肉が3億9…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです