メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

民主主義的な死刑の国で=伊藤智永

バダンテール元仏法相(上)、三角縁神獣鏡=複製=と反射光(中)、上川陽子法相(下)=コラージュ・松本隆之

 オウム真理教死刑囚13人に執行を命じた心境を、上川陽子法相は7月26日の記者会見で

 「鏡を磨いて磨いて磨いて磨ききる心構えで判断した」

 と述べた。「磨いて」を四つ重ねる言い方を2度繰り返した。

 上川氏は、無実を訴え続けた名張毒ぶどう酒事件の死刑囚が病死した時、犯行時19歳の少年死刑囚に執行を命じた時も「鏡を磨いて」と述べている。それが

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文1897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです