連載

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに取材を続けている伊藤智永編集委員が、政治を「座標軸」に鋭く論じます。

連載一覧

時の在りか

民主主義的な死刑の国で=伊藤智永

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バダンテール元仏法相(上)、三角縁神獣鏡=複製=と反射光(中)、上川陽子法相(下)=コラージュ・松本隆之
バダンテール元仏法相(上)、三角縁神獣鏡=複製=と反射光(中)、上川陽子法相(下)=コラージュ・松本隆之

 オウム真理教死刑囚13人に執行を命じた心境を、上川陽子法相は7月26日の記者会見で

 「鏡を磨いて磨いて磨いて磨ききる心構えで判断した」

 と述べた。「磨いて」を四つ重ねる言い方を2度繰り返した。

 上川氏は、無実を訴え続けた名張毒ぶどう酒事件の死刑囚が病死した時、犯行時19歳の少年死刑囚に執行を命じた時も「鏡を磨いて」と述べている。それが

この記事は有料記事です。

残り1728文字(全文1897文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集