メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾タイヤル族/中 「根源」、翻弄され続け

 日本語とタイヤル語の接触で生まれた「ニホンゴ」(宜蘭(ぎらん)クレオール)が話されている台湾北東部・宜蘭県澳花(おうか)村。澳花小学校では子供たちがタイヤル語の授業を受けていた。

 「『クルラカ』は何?」。教師のヤブン・トリさん(69)が問いかけると、児童たちはいっせいに「飛機(フェイジー)(飛行機)!」。授業で使うのは中国語だ。

 台湾では学校教育で中国語が使われ、タイヤル語など先住民言語を話せる人は減っている。後世に引き継ぐた…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです