メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

大統領選、公正さに疑問 現職勝利、野党反発

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエの選挙管理委員会は3日、7月30日投票の大統領選挙で、現職のムナンガグワ大統領(75)が勝利したと発表した。だが、焦点だった自由・公正な選挙の実施には疑問が残り、国際社会との関係改善や破綻状態の経済再建の障害となる可能性がある。

 ムナンガグワ氏の得票は50・8%で、当選要件の過半数を辛うじて満たした。最大野党「民主変革運動」のチャミサ議長(40)は44%だった。下院選も与党「…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです