メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米アップル

強い 時価総額1兆ドル突破 iPhone、アプリ 新たな目玉は乏しく

アップルの歩みと株価推移

 【ワシントン清水憲司】米アップルの時価総額が2日、米企業として初めて1兆ドル(約111兆円)を突破した。主力のスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」と、それを土台にしたアプリ販売などサービス事業の成長が歴史的な大台超えを後押しした。

 2日のニューヨーク株式市場で、アップル株の終値は前日比2・9%上昇の207・39ドルとなり、時価総額は1兆ドル強に達した。今年に入り約2割の上昇で、7月31日発表の2018年4~6月期決算が好調だったことを受け、一段と株価が上昇した。時価総額1兆ドルは、中国国営石油会社の中国石油天然気(ペトロチャイナ)が07年に一時的に達成したが、その後は株価が急落した。

 創業者スティーブ・ジョブズ氏の死後、アップルを率いるティム・クック最高経営責任者(CEO)は、アイ…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1109文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです