特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

死者・不明、屋内で被災54% 危険箇所で犠牲多数

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 静岡大防災総合センターの牛山素行教授(災害情報学)は3日、西日本豪雨の死者・行方不明者231人の被災状況を総務省消防庁の資料などで分析したところ、5割を超える人が屋内で被災していたと発表した。大雨特別警報について発表のあった地域の住民にインターネット調査したところ、8割の人がテレビなどで気付いた一方、半数以上が特別警報の意味を正しく理解していなかったことも分かった。【池田知広】

 牛山教授によると、231人のうち125人(54%)が土砂災害、82人(36%)が洪水が原因で犠牲になった。うち自宅など屋内で被災したのは土砂災害で74%、洪水は38%。全体では54%の人が屋内で被災した。25%の人が屋外で被災し、不明は21%だった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文706文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集