メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

発熱「ぐったり」なら受診

夜や休日に子どもの体調が心配になった場合、急いで受診するべきか翌日まで様子をみていてよいのか迷うこともある=林奈緒美撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 厳しい暑さや旅先の慣れない環境で、夏は子どもも体調を崩しやすい。夜間や休日などは、遠方でも病院に連れていくか、様子をみるか迷うこともある。専門家に受診の目安や対処法を聞いた。

 ●体温にとらわれず

 東京都立小児総合医療センター(東京都府中市)の救命救急科、萩原佑亮(ゆうすけ)医師は、発熱ですぐ受診が必要なときの目安について、生後3カ月未満▽けいれん(ひきつけ)を起こす▽ぐったりして呼びかけても反応が無いか鈍い▽網目状の発疹のようなものが出ている--を挙げる。ぐったりして意識が無い場合と、網状チアノーゼが胸やおなかにまで見られる場合は救急車を呼ぶ。

 熱中症を疑う場合も、反応が鈍い、ぐったりするなどつらそうな症状が強ければ受診を。様子を見るときは首…

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文2090文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです