メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

戦う、被災地思い 西日本豪雨で休校、ボランティアの合間に練習 空手個人組手 橋本達輝(広島・呉港高3年)

全国高校総体空手の開会式で行進する橋本達輝(左)=岐阜市の岐阜メモリアルセンターで愛ドームで2018年8月3日、新井隆一撮影

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島県呉市にある私立呉港高空手部の橋本達輝(3年)が、4日から岐阜市で始まる全国高校総体空手の男子個人組手に出場する。今年の中国高校選手権を制するなど有望株の橋本だが、東広島市の自宅付近で土砂崩れがあり、学校も交通の寸断などで休校に。土砂撤去のボランティアに参加して十分に練習は積めなかったが、橋本は「勝つことで(多くの人に)被災しても頑張れると思ってもらえれば」と意気込む。

 橋本の自宅は浸水こそ免れたが、付近の道路が土砂で通れず、断水も4、5日続いた。「自宅から100メー…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです