メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

サッカー男子 U21代表を発表 森保監督「4強以上に」

 日本サッカー協会は3日、ジャカルタ・アジア大会に出場する東京五輪世代の男子U21(21歳以下)日本代表メンバー20人を発表した。MF三好(札幌)、MF初瀬(ガ大阪)らJ1所属選手のほか、FW旗手(順大)ら大学生も5人選出された。フル代表の監督も兼任する森保監督は「かなりハードな日程で、東京五輪にむけていいシミュレーションになる。目標は一試合でも多く戦うことで、4強以上には入りたい」と目標を語った。

 メンバー選考について「大会ごとに大幅に替えながら多くの選手に経験を積んでもらう。全体的な底上げをしながら最終的な東京五輪で一番強いチームを作れるように活動している」と説明。兼任監督として五輪世代とフル代表の融合を目標に掲げており、今後のチーム作りについて「システムなど形が違うかもしれないが、内容は同じコンセプトでやっていきたい」との考え方を示した。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  2. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです