メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

裁判記録、永久保存 「犯罪研究の重要資料」

 オウム真理教事件の約190人分の刑事裁判記録について、法務省は重要記録にあたる「刑事参考記録」として永久保存する方針を決めた。教団元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら13人の死刑執行手続きに関する文書(保存期間は10年)も無期限に保存する。刑事参考記録の対象事件を明らかにしたのは初とみられる。

 3日の閣議後記者会見で上川陽子法相は「犯罪に関する調査研究の重要な参考資料になり得る」と説明。記録は現在、検察庁が保管し…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです