メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大理事長ようやく謝罪 サイトに声明 辞任意思うかがえず

田中英寿理事長

 日本大の経営トップの田中英寿理事長(71)が3日、大学の公式ホームページ(HP)に「学生ファーストの理念に立ち返って」と題した声明文を掲載した。5月中旬以降に社会問題化したアメリカンフットボール部の悪質タックルについて「多くの方々に不安とご迷惑をかけたことを重く受け止めたい」と初めて謝罪した。

 声明文は冒頭で日大が真相解明のために設置した第三者委員会(委員長・勝丸充啓弁護士)の最終報告書にあった「日大において学生ファーストの精神が見失われていた」との一文が「心に突き刺さった」と明かした。

 そのうえで「深く反省して、学生ファーストの精神に立ち返って今後の大学運営を行っていくことを宣言します。教職員の皆様も、わたくしの決意を受け止め、行動していただきたい」と辞任は考えていないことを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです