メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄

新ビル、24年開業 福岡・天神最高96メートル、400億円投資

 西日本鉄道は3日、本社が入る福岡市・天神地区の福岡ビルと、隣接する商業ビル「天神コア」を建て替える再開発事業の概要を発表した。「創造交差点」をコンセプトに天神で最高層となる高さ96メートルの最先端ビルを建設、商業施設とオフィス、ホテルが入居する複合施設とする。2023年12月完成、24年春の開業を目指す。投資額は400億円台を見込む。【石田宗久】

 再開発ビル(敷地面積約6200平方メートル)は地上19階、地下4階で、延べ床面積約10万平方メートル。5、6階は天神交差点を一望できる「スカイロビー」とし、オフィスのエントランスやホテルのロビー、カフェなどを設ける。地下2階~地上4階を商業施設▽8~17階をオフィス▽18、19階をホテル--にする。1階当たりのオフィス部分の面積は約3000平方メートルと九州最大規模で、西鉄本社のほか外資系企業を…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです