メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

1カ月経た被災地 がれき撤去なお終わらず

ゴムボートで救助される住民ら=岡山県倉敷市真備町で2018年7月7日、望月亮一撮影

 西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報が出てから1カ月となる。被災各地では、土砂崩れや河川の氾濫などが相次ぎ、甚大な被害をもたらした。浸水被害が出た岡山県倉敷市真備(まび)町地区では水が引いたが、道路脇には災害ごみが残る。他の被災地でも、がれきなどが残り、日常を取り戻すには時間がかかりそうだ。

 真備町地区では小田川などの氾濫で地区の約3割が浸水。全世帯の半数…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです