メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

1カ月経た被災地 がれき撤去なお終わらず

ゴムボートで救助される住民ら=岡山県倉敷市真備町で2018年7月7日、望月亮一撮影

 西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報が出てから1カ月となる。被災各地では、土砂崩れや河川の氾濫などが相次ぎ、甚大な被害をもたらした。浸水被害が出た岡山県倉敷市真備(まび)町地区では水が引いたが、道路脇には災害ごみが残る。他の被災地でも、がれきなどが残り、日常を取り戻すには時間がかかりそうだ。

 真備町地区では小田川などの氾濫で地区の約3割が浸水。全世帯の半数…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです