三重・桑名

「日本一やかましい」石取祭 ごう音、朝まで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
真夜中に太鼓やかねが鳴り響いた石取祭=三重県桑名市で2018年8月4日午前0時2分、松本宣良撮影
真夜中に太鼓やかねが鳴り響いた石取祭=三重県桑名市で2018年8月4日午前0時2分、松本宣良撮影

 かねや太鼓を激しく打ち鳴らし、「日本一やかましい祭り」と言われる「石取祭(いしどりまつり)」が4日、三重県桑名市の春日神社一帯で始まった。暑さの中、耳をつんざく音が響き、街は熱気にあふれた。

 江戸時代初期に市内を流れる町屋川の石を神社に奉納したのが始まりとされる。法被姿の若者らが午前0時、天幕やち…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

あわせて読みたい

注目の特集