メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

目指すは「甲子園」 支援学校にボッチャ部

練習に励む大阪府立藤井寺支援学校のボッチャクラブのメンバーら=大阪府藤井寺市で2018年6月8日、芝村侑美撮影

 重度の脳性まひや四肢に障害がある人のために考案された競技「ボッチャ」の運動部が、大阪府内の支援学校に初めて誕生した。2020年東京パラリンピックの正式競技で、8日には東京で「全国ボッチャ選抜甲子園」が開催される。府立藤井寺支援学校(大阪府藤井寺市)が初出場し、勝利を目指す。

 ボッチャは16年のリオデジャネイロ・パラリンピックで、日本代表が銀メダルを獲得して注目された。日本ボッチャ協会などが主催する「選抜甲子園」はこの年に始まり、3回目の今年は選抜された24校が出場する。

 肢体不自由者の特別支援学校の運動部は全国的に少ない。スポーツ庁などが17年に発表した調査によると、…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです