メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提携解消

トヨタHVに方針転換 ディーゼル開発成果なく

商用車大手を巡る自動車業界の勢力図

 トヨタ自動車といすゞ自動車が3日、2006年から続いた資本関係を解消した。ディーゼルエンジンの共同開発が目的だったが、環境規制の強化など経営環境の変化の影響を受け、十分な成果を得られなかった。業界では自動運転や電動化など次世代技術の開発競争が激化し、異業種を含めた提携が進む。いすゞは新たな協業先を模索する方針だ。

 「これだけ多くの株を持ってもらうのにふさわしい規模の成果が具体化しなかった」。いすゞがこの日開いた…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文825文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです