メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提携解消

トヨタHVに方針転換 ディーゼル開発成果なく

商用車大手を巡る自動車業界の勢力図

 トヨタ自動車といすゞ自動車が3日、2006年から続いた資本関係を解消した。ディーゼルエンジンの共同開発が目的だったが、環境規制の強化など経営環境の変化の影響を受け、十分な成果を得られなかった。業界では自動運転や電動化など次世代技術の開発競争が激化し、異業種を含めた提携が進む。いすゞは新たな協業先を模索する方針だ。

 「これだけ多くの株を持ってもらうのにふさわしい規模の成果が具体化しなかった」。いすゞがこの日開いた18年4~6月期決算記者会見で、瀬戸貢一常務はトヨタとの提携解消の理由を淡々と語った。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです