メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

大統領選、公正さに疑問 現職勝利、野党反発

ムナンガグワ氏=AP

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエの選挙管理委員会は3日、7月30日投票の大統領選挙で、現職のムナンガグワ大統領(75)が勝利したと発表した。だが、焦点だった自由・公正な選挙の実施には疑問が残り、国際社会との関係改善や破綻状態の経済再建の障害となる可能性がある。

 ムナンガグワ氏の得票は50.8%で、当選要件の過半数を辛うじて満たした。最大野党「民主変革運動」のチャミサ議長(40)は44%だった。下院選も与党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線」が圧勝した。

 37年の長期政権を築いたムガベ前大統領の失脚後初の選挙は、投票日まで平穏に進んだが、1日になって首都ハラレで治安部隊と野党支持者らが衝突、軍の発砲で6人が死亡した。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです