メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

迅速な訴訟進行求め上申書 男性側提出

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(75)が国に賠償を求めて東京地裁に提訴した訴訟で、男性の弁護団は3日、迅速な訴訟進行を求める上申書を同地裁に提出したと明らかにした。提出は1日付。第1回口頭弁論は6日に開かれる。

 弁護団によると、国側が先月30日に同地裁に提出した答弁書は…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです