札幌冬季五輪

26年招致から撤退の動き 市民の機運高まらず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
意見交換会の冒頭で、JOCの橋本聖子副会長(手前右)ら出席者にあいさつする札幌市の秋元克広市長(左端)=札幌市中央区で2018年7月15日、野原寛史撮影
意見交換会の冒頭で、JOCの橋本聖子副会長(手前右)ら出席者にあいさつする札幌市の秋元克広市長(左端)=札幌市中央区で2018年7月15日、野原寛史撮影

 札幌市が2026年冬季五輪招致から撤退する動きが加速している。日本オリンピック委員会(JOC)の説得で最終判断を10月まで先送りしたものの、市民の招致熱が高まらず、来年の札幌市長選を見据えて地元では30年招致に切り替えるべきだとの意見が大勢のためだ。20年東京五輪・パラリンピック後のスポーツ振興の起爆剤とも期待された札幌五輪招致は岐路に立っている。【小林悠太、野原寛史、円谷美晶】

この記事は有料記事です。

残り2236文字(全文2428文字)

あわせて読みたい

ニュース特集