メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「藤井七段に続く棋士を」 瀬戸将棋文化振興協会が設立 /愛知

 現役最年少の高校1年生棋士、藤井聡太七段(16)の地元・瀬戸市で4日、「瀬戸将棋文化振興協会」の設立総会があった。市広報大使の女流講談師、旭堂鱗林(きょくどうりんりん)さん(44)が創作講談「藤井聡太物語」を披露し、会場を盛り上げた。

 同市蔵所町の瀬戸蔵ミュージアムで開かれた設立総会には、発起人の伊藤保徳市長、水野和郎・瀬戸信用金庫理事長ら各界代表の約150人が出席した。会長に就任した…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです