生活工芸展

ぬくもりの工芸 旧崇広堂と「やまほん」で 伊賀 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国史跡の旧崇広堂(伊賀市上野丸之内)とギャラリーやまほん(伊賀市丸柱)の2会場で、洗練された日常使いの器や道具が並ぶ「生活工芸展」が催されている。展示は旧崇広堂が5日まで、やまほんは5日に「出張カフェ」を開き、展示は19日まで。

 やまほんを主宰する山本忠臣さんが企画した。両会場の出品者はガラス工芸や陶芸、漆芸などの各地の作家35人。旧崇広堂で…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集