メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

誇り胸に健闘誓う 名張高・男子柔道、新体操部 市長訪問 被災地ボランティアも報告 /三重

岡山県倉敷市の被災住宅でボランティア活動をする名張高校男子柔道部員ら=同部提供

 全国高校総合体育大会に出場する県立名張高校の男子柔道部と新体操部のメンバーらが3日、名張市役所で亀井利克市長に健闘を誓った。男子柔道部は西日本豪雨の被災地でボランティア活動もしてきたといい、現地の様子なども報告した。【衛藤達生】

 男子柔道は8~12日、津市のサオリーナで開催。名張高から出場するのは主将の山村陸斗(団体・個人81キロ級)▽藤井紀斗(団体・個人73キロ級)▽中窪洸貴(団体)▽山登爽介(団体)▽亀田蓮(個人66キロ級)=以上3年▽増田良生(団体・個人100キロ級)▽山本亮我(団体・個人100キロ超級)=以上2年の各選手。

 山村主将は「団体戦は全部が接戦になると思うが、みんなが役割を果たして、ベスト8を目指して頑張りたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 「ポケモンを埋葬」仏記者、中国哀悼行事の放送中に発言 1週間の停職処分に

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです