メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

故若松監督を映画化(その1) 鬼才の反骨、今こそ

 「シーン49。本番、よーい、スタート!」。東京・日本橋小伝馬町の雑居ビル5階の一室はあふれんばかりの熱気に包まれていた。撮影現場で張りのある声を飛ばすのは白石和彌(かずや)さん(43)。センセーショナルな作風で知られる映画監督である。10月公開予定の「止められるか、俺たちを」には、故・若松孝二監督役の井浦新(あらた)さんをはじめ、若松監督の号令の下で一緒に撮り続けてきた若松組のスタッフや役者に加え、主人公・めぐみ役の門脇麦さんら新進気鋭の俳優陣が集結。かつて若松プロがあった原宿「セントラルアパート」を想定して撮影された。

 「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2008年)、「キャタピラー」(10年)など常に反…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文782文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです