メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

かみ合わぬ非核化 北朝鮮、遺骨返還で様子見 米「終戦宣言は後」

 朝鮮半島の非核化で合意した歴史的な6月12日の米朝首脳会談から約1カ月半。同じシンガポールで4日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議には、関係国の外相が勢ぞろいした。非核化に関する具体的な動きがない中、ポンペオ米国務長官は制裁継続の必要性を強調。一方で北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は、米国との信頼関係醸成には朝鮮戦争(1950~53年)の「終戦宣言」が必要だとの認識を改めて示し、立場の違いが浮き彫りとなった。

 「非核化の実現には一つ一つ段階的な同時行動を通じ、信頼を積み上げるのが最も早く着実な近道だ」。会議…

この記事は有料記事です。

残り2379文字(全文2656文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです