メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

かみ合わぬ非核化 北朝鮮、遺骨返還で様子見 米「終戦宣言は後」

 朝鮮半島の非核化で合意した歴史的な6月12日の米朝首脳会談から約1カ月半。同じシンガポールで4日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議には、関係国の外相が勢ぞろいした。非核化に関する具体的な動きがない中、ポンペオ米国務長官は制裁継続の必要性を強調。一方で北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相は、米国との信頼関係醸成には朝鮮戦争(1950~53年)の「終戦宣言」が必要だとの認識を改めて示し、立場の違いが浮き彫りとなった。

 「非核化の実現には一つ一つ段階的な同時行動を通じ、信頼を積み上げるのが最も早く着実な近道だ」。会議…

この記事は有料記事です。

残り2379文字(全文2656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです