メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

山形・天童の将棋駒、生産なぜ復調? ふるさと納税活用 ブームも追い風=回答・松尾知典

6月の名人戦第6局で使われた最高級駒の「盛り上げ駒」=梅村直承撮影

 なるほドリ 将棋界では藤井聡太(ふじいそうた)七段が注目を集める中、将棋の駒もよく売れているようだね。

 記者 将棋駒の一大産地として知られる山形県天童(てんどう)市は、ピークの1980年に約4億7100万円もあった生産額が一時は4分の1程度に落ち込みました。しかし近年は約3億円と、低迷期の倍ほどに回復しました。ふるさと納税制度を生かした振興策や将棋ブームもあって活気を取り戻しています。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです