メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

米イラン制裁に苦慮 7日再開、取引企業も対象

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】米国のイラン核合意離脱に伴う制裁の一部再開が7日に迫る。米トランプ政権は米国だけでなく、イランと取引を続ける第三国の企業にも制裁を科す「2次制裁」に踏み切る方針だ。核合意を維持したい欧州側は、イランに進出する欧州企業を制裁から守るための対抗策を用意。しかし企業のイラン撤退の動きは食い止められず、瀬戸際の状況が続く。

 「欧州側が米国に対抗できる手段は限られている」。英王立国際問題研究所(チャタムハウス)の中東専門家…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

  5. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです