メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾タイヤル族/下 私の母語、今は自信に

 台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県澳花(おうか)村出身の劉紹萱(りゅうしょうけん)さん(23)は幼いころ、自分が話している言葉はタイヤル語だと思っていた。それが別の言語だとはっきり自覚したのは隣町の中学に入学した時だった。

 隣町のタイヤル族の集落から進学してきた同級生たちが話すのはタイヤル語のはずなのに、それが全然聞きとれなかったのだ。澳花村では、日本語、タイヤル語、セデック語が接触することで日本統治時代(1895~1945年)に生まれた新言語「ニホンゴ」(宜蘭クレオール)が母語だからだ。

 「タイヤル語を話せないのにどうして『自分はタイヤル族だ』と言えるのか」。同級生にからかわれた。ショ…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです