メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 谷川九段 将棋界のレジェンド 「光速の寄せ」まだまだ健在

 <第77期順位戦B級1組 谷川浩司九段VS斎藤慎太郎七段>

 今期のB級1組は定数の13人に戻った。菅井竜也王位と渡辺明棋王の2人のタイトルホルダーが在籍し、半数以上がA級経験者という超激戦区となった。

 そのB1で存在感を示しているのが、このクラスで最年長の谷川浩司九段(56)だ。史上最年少名人にして十七世名人の資格を持つ将棋界のレジェンドも、ここ5年以上成績が低迷していた。

 だが7期ぶりとなる王位リーグ入りを果たすなど最近は復調している。

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです