メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

酷暑を乗り切る 時間決め1日8回水分補給

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 熱中症で命を落とす人が多数に上る今年。今月は酷暑をどう乗り切るか、水分補給、睡眠、食事の各面からヒントを探る。初回は正しい水分補給の方法を知って体調維持に役立てたい。不調のサインには早めに対処することが重要だ。

 ●熱中症の予防に

 体重に占める水分量は乳児が約80%、成人男子が約60%に対し、高齢者は約50%で、水分量が低いと熱中症の初期段階である脱水症になりやすい。脱水症になると汗をかきにくく体温調整が難しくなり、放置すれば熱中症に進行する。高齢者が「熱中症弱者」と言われるゆえんだ。

 理由は他にもある。意外なようだが、筋肉は体の組成の中でも水分を多く含む体の「貯水庫」。しかし、年を取ると運動量が減るため筋肉量は減ってしまう。脳の機能低下でのどの渇きを感じにくくもなっている。そのため高齢になると意識的に水分を取らねばならない。

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです