メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『海賊の日本史』=山内譲・著

 (講談社現代新書・907円)

 海賊とは何か? 船に乗り、船を襲って財貨を奪う。つまり海の盗賊。が、日本史における実態はそう単純なものではない。

 まず、日本は群島国家である。とりわけ西日本は瀬戸内海から九州・五島列島まで、「津々浦々」という言葉が示すとおり、泊地が作りやすい。そこで一定の軍事力を持てば行き交う船から通行料を徴収できる。これを「礼銭」と呼ぶのはその海域の神への捧(ささ)げ物が起…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです