メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『農山村からの地方創生』=小田切徳美、尾原浩子・著

 (筑波書房・1512円)

 「日本創成会議」が2014年5月に発表した896市区町村の「消滅可能性自治体リスト」。座長を務めた増田寛也元総務相の名から「増田ショック」と呼ばれ、地方創生が安倍政権の看板政策になった。

 同会議は東京一極集中を食い止めるため中規模の地方都市に「人口のダム」を築くことを提言した。言い換えれば、その上流にある農山村は消滅を宣告されたも同然である。現場には無力…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです