メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

松原隆一郎・評 『胃袋の近代 食と人びとの日常史』=湯澤規子・著

 (名古屋大学出版会・3888円)

 近代化は、こと経済にかんしては労働者の移動に集約される。農村で田畑を長子が相続する家制度が確固としていた明治から大正にかけ、長男以外すなわち次男以下や女子は多くが「職」を求めて都市を目指した。神戸や横浜のような港町なら危険な沖仲仕(おきなかし)が大量に必要となり、工場が増えてくると職工が憧れの的となった。女性も「女工」として製糸場で雇用された。対照的に近世まで人は農地に張り付いていた。移動したのはもっぱら商品で、米などは廻船(かいせん)に乗せられ大阪・堂島の市場に向けて周航した。

 この違いは都市が「職」を提供するか否かによるが、本書はここで見逃されていた問いに光を当てる。移動した人びとは何を食べたのか、だ。これは興味深い論点で、「食」は日に二、三度の必要事である。故郷の農村であれば米や野菜は自給でき、魚を手に入れたければ行商が物々交換の仲介をした(愛媛では「かへこと」と呼ばれた)。都会が提供する職からは現金が得られるが、賃金の多寡や職の有無さえも景気に左右される。都会で手…

この記事は有料記事です。

残り1650文字(全文2110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです