特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『右ハンドル』=ワシーリイ・アフチェンコ著、河尾基・訳

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (群像社ライブラリー・2160円)

 本書『右ハンドル』はソ連崩壊直前からウラジオストクに流入した日本産中古車について、マニアックに綴(つづ)りながら、この四半世紀の現代ロシアの社会情勢を映しだす、稀有(けう)なドキュメンタリー小説である。

 その「輸入車」の大半は、日本に来港した漁船や貨物船が車を積みこんで帰る密輸品だったというが、それはロシアの中流以下の人々の暮らしに欠かせない一文化となった。

 右ハンドルの愛車に「お前」と語りかける独白で始まり、車を「日本娘(ヤポンカ)」と擬人化し、少々エロティックな意味を含ませることもある。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文504文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集