特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-深浦康市九段 第4局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

重たいタイプ

 将棋連盟の会長を務めている佐藤の日常は、多忙を極めている。趣味のゴルフには2カ月に1度くらいは行けるようだが、そこでも携帯電話に入ってくるメールの対応に追われるため、昼食を5分でかき込むように済ませている姿を何度か目撃した。こんな忙しさの中、将棋の研究はどうしているのか聞いてみたところ「朝に新聞の観戦記を読んだり、時間があるときに携帯中継を見たりするのが主な勉強になります」という返事だった。

 佐藤が玉を寄った図の局面。「[後]5四銀が普通なんですけど、[先]3七角[後]4五歩[先]6八金直の順は先手が楽そうな気がしました」と言う深浦は、[後]3五歩と突いた。「ゆっくりしていると、[後]3四銀と形良く引かれて囲い合いになって嫌ですね」と佐藤。本譜は[先]3七桂と銀取りに跳ね、飛車切りの強襲に打って出た。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文667文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集