メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-深浦康市九段 第4局の3

重たいタイプ

 将棋連盟の会長を務めている佐藤の日常は、多忙を極めている。趣味のゴルフには2カ月に1度くらいは行けるようだが、そこでも携帯電話に入ってくるメールの対応に追われるため、昼食を5分でかき込むように済ませている姿を何度か目撃した。こんな忙しさの中、将棋の研究はどうしているのか聞いてみたところ「朝に新聞の観戦記を読んだり、時間があるときに携帯中継を見たりするのが主な勉強になります」という返事だった。

 佐藤が玉を寄った図の局面。「[後]5四銀が普通なんですけど、[先]3七角[後]4五歩[先]6八金直…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです